スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

告知から手術まで

病気になってから大変だと感じた事は
自分の病気を受け入れることもそうですが
何よりも大変だったのは

治療方法の選択。


私は個人的な事情があって、
まず病院を選びなおしました。

結果的にとても良い病院と主治医に出会えたので
病院を変えて本当に良かったと思いますが

病院を変えると
紹介状を書いてもらい、レントゲン写真などを貸し出してもらえるものの
やはり、一から検査のやり直しになります。
なので、治療の開始も遅れることになります。
私の場合、しこりを発見してから手術まで
約2ヶ月かかりました。

新しい主治医の先生は
メリット、デメリットを全て話して下さり
私自身に全て選択させてくれました。

まず、
全摘にするか、温存にするかというのも
前の主治医には
再発を防ぐために全摘を勧められましたが
新しい主治医の先生は
再発を防ぐためにということであれば
それじゃ、もう片方はどうする?って事にもなるよね
ということで、無理には勧めてはいませんでした。

私は出来れば温存を、と希望してたので
温存法での手術をお願いしました。

それから

術前に抗がん剤治療をするか
術後に抗がん剤治療をするか

という選択がありました。

どちらでも治療の効果は変わらないけれど
術前はシコリの大きさを見ながら
抗がん剤が効いてるかを見ることが出来る
というメリットがある、ということでした

また、リンパに転移してる可能性があったので
先にそちらを検査してみて
転移が見られるのであれば抗がん剤を
はやくしてもいいかもしれない
ということでした。

それも、自分で決めていい
ということだったので
私は散々悩みました。

私が悩んでる間、
先生はジッと待っていて下さり
「先生はどちらを勧めるんですか?」
という私の問いかけにも
「自分の家族だったら…」
という、押し付けない答え方をしてくれました。

先生は
自分の家族だったら
リンパの検査をしてから抗がん剤治療を検討することを勧める
と言っていましたが

また検討して結果待って、
不安な時間を過ごすよりかは
悪の根源を取り除いてもらいたかったので

結局、はやく手術をしてもらう事にしました。

それでも、先生は嫌な顔ひとつせず
「全然いいよ」
と、言ってくれましたが
診察室をでてから
自分の決定が果たして正しかったのか
不安になってきました。

この治療を受けてください、と
勧められた方が楽なのかもしれない
とも思いましたが
結局
どんな決定をしても
それが正解かなんて誰にも分からないわけで
悩んだり不安になってもしょうがないんですよね。

出来るのは、自分の決定が正しい事を信じて
前へ進むことです


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ずんこ

Author:ずんこ
36歳
中3の娘を持つシングルマザー

2014年1月に「トリプルネガティブ乳がん」と診断される
2月末に温存手術
4月末から抗がん剤治療開始

現在、ポジティブに生きるために日々奮闘中



にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
↑↑クリックお願いします

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Shopping
おすすめサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。